パーキンソン病 運転 – 親父とパーキンソン病闘病した温泉いやし整体の代表がパーキンソン病 運転大丈夫?の疑問にお答えします

パーキンソン病

パーキンソン病 運転 – 親父とパーキンソン病闘病した温泉いやし整体の代表がパーキンソン病 運転大丈夫?の疑問にお答えします

 

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質のドーパミンが不足することで・・・

手足のふるえ、小刻みの歩行、ぎこちない動作など、運動能力の低下の症状があらわれる進行性の病気です。

また、原因も分かっておらず、治療法も確立されていない難病指定されている病気となります。

 

パーキンソン病患者が運転する悩み

※どうしても車の運転を止められないと断固拒否された。

 とはいえ、本当に事故を起こしてからでは遅い。

※なんとか運転を続けたい。まだまだ、体は動くし、車で職場に通いたい。

 車が無いと生活の不自由が多すぎる。

 

車を運転するということは、何かあったら人の命を奪うことにもなりかねません。

特に悩みは切実になってしまいますね。

 

うちの親父はパーキンソン病でした。

お医者さまから「もう介護を覚悟してください。」

と言われてから、3年以上介護無しの支援2の状態で、闘病生活を一緒にしました。

そんな経験からの見解をお伝えしたいと思います。

 

パーキンソン病患者は、本人が希望する限りは運転をさせてあげたい。

 

そう考える理由をブログ記事にしてみました。

ぜひとも、最後まで読んでいただけたらと思います。

 

日本で唯一の温泉いやし整体のナステレージュは、

大人女性の3つの悩み「不眠・ストレス・むくみ」を解消する為に、
病気を治す「温泉」をオマージュして誕生しました。

 

名物メニューの兄弟2人がかりの【優しいゴッドハンドツイン】は、
深層~浅層まで筋肉・リンパ・ツボを優しく的確に捉えるテクニックです。

 

パーキンソン病 運転 – 親父とパーキンソン病闘病した温泉いやし整体の代表が

パーキンソン病 運転大丈夫?の疑問にお答えします。

このブログを書いてるのは、豊橋市の整体の代表のお兄ちゃんです。

気軽にラインで聞いてみる♪

友だち追加

 

パーキンソン病とは

パーキンソン病は、脳の異常のために障害ができる病気です。

大脳皮質からの指令が、筋肉に伝わることで体が動きます。

ドーパミンが減るので、大脳皮質からの指令が伝わりづらくなります。

そうすると、ふるえが起こりやすくなったり、体の動きが悪くなってしまいます。

 

ドーパミンは、年齢と共に自然と減ってしまいますが、パーキンソン病の患者さんは、さらに速いスピードで減っていきます。

そうした流れで、パーキンソン病が発症してしまいます。

とにかく、脳に良い事をしてドーパミンを補っていくのが、ポイントとなりますね。

パーキンソン病患者が運転するリスクは?

自動車を運転する時のサイクルは、認知判断操作で成り立っています。

そのサイクルの中で、パーキンソン病の症状が影響しそうなことをあげてみます。

◎認知

認知機能障害の恐れ

周辺視野内の把握能力の低下が想定されますね。

車間距離の適正が厳しくなるなど。

視野が狭いだけでなく、注意障害が原因となる場合も。

 

◎判断

認知症に類似した認知機能の低下

集中力が途切れた時に、事故を起こす恐れがあります。

 

◎操作

操作緩慢や運動障害

基本的なハンドル操作が遅い、アクセルからブレーキへの踏みなおしが遅い。

細かなハンドル操作が厳しくなる、車庫入れで斜めになってしまう。

 

このサイクルの中で、一番のポイントは【認知】ですね。

認知の欠如による事故が全体の7割となっているからです。

そこで【予測】することで、反応時間の短縮をさせて事故のリスクを減らします。

~かもしれない運転で危険を予知することで、連想して危険に備えた操作まで心がけます。

※パーキンソン病治療薬

パーキンソン病治療薬には、眠気を催すものがあるので、ここは注意が必要ですね。

特に非麦角系ドパミンアゴニストを服用すると、突発性睡眠をきたす可能性も。

医師と相談しながら、薬剤の調整が大事となりますよ。

 

現状の確認が何より大事

パーキンソン病は、個別に進行状況も異なって、また症状にも波があります。
したがって、個別個別の症状と運転状態を確認することが何より大事ですね。
 
症状の細かな変化は、日替わりでありますね。
これを分かりやすく手軽に確認する方法があります。
それは【音読】ですね。
声の出る具合の変化で、確認するとすぐ分かりますね。
毎日聞いていれば、日々の波があるのを感じられます。
さらに音読は、文字を見て記憶しながら、声に出して、自分の耳で聞くという行動を一度にこなします。
これは、一種の脳トレにもなりますね。
 
また、運転状況の確認も大切です。
運転をしてもらって、どんな状態が危険なのかを確認をします。
そうやってフィードバックして修正すると、事故のリスクが減らすことができます。
ドライブレコーダーで運転状況を録画して、問題点を話し合ったりするのも効果的です。
動画ならば、客観的に見ることができますから。
 
うちの親父の運転で気になって修正した事をあげてみます。
 
まず、視野が狭くなっているのを感じました。
今までより注視するように修正するのと、同乗者の積極的なサポートをするようになりました。
暗くなると視認性の低下が不安になったので、運転は昼間のみの限定にしました。
長時間の運転で疲れて集中力を失うので、運転は1時間以内のルールに変えました。
 
フィードバックによる修正で、事故のリスクも減っていく方向になりますよ。

進行性の難病でも、脳に良い事をしてあげると調子は上向く

パーキンソン病は、脳の病気です。
脳が喜ぶことをするのがポイントとなりますよ。
そこで、民間療法で脳に良いいろんなことを試しました。
効果的だったのをあげてみますね。

音読、スイーツ、作業、ウォーキング、音楽ライブ、呼吸法、階段トレーニング、運転、湯治温泉などなど・・・

脳に刺激を与える為にちょっと変わった公園に行ったりもしています。
岐阜県の養老公園の天命反転地ですね。
とっても珍しくて美味しい金色の栗のおしるこを食べた時は、通常の3倍のスピードになりました!
 
音楽のライブに行ったら、3日間もずっと素早く動けるようになっていました!!
 
病気だけを見れば、振戦,筋固縮,無動という3大主徴が見られて、運動障害がある。
進行性で、治らない難病。
どうしてもそういう話になってしまいます。
 
でも、人にフォーカスすると、あながち悪くなるばかりではないのです。
一時的でも、調子が上がる状態があるのは事実。
脳が喜ぶことをすれば、ドーパミンが補われて動きが素早くなる。
 
うちの親父は、運転をするのが大好きだったので、運転中も調子が良かったです。
それでも最終的には、胆管癌も併発して動きが鈍くなってしまいましたが、入院する前日まで運転をしていました。
そんな親父と一緒に闘病したパーキンソン病のブログはこちら
 
パーキンソン病は、自分で歩いて、自分で車に乗れる限りは、運転は大丈夫です。
本当に体が動けなくなれば、車にすら乗れないし、アクセルも踏めなくなる。
病気だけを見ずに、その人その人の状況を見たうえでの判断をしていただきたいと思います。
 

自分の人生だから、決めるのは最後まで自分でありたい

自動車を運転するのは、便利で楽しいことです。

それでも、ひとたび事故を起こせば、凶器にもなります。

同乗者、歩行者、自転車、他のドライバー・・・
そして、自分自身の命を預かっているということ。
 
 
大切なのは、誰も傷つけないという意識。
 車の運転は社会的に大きな責任を背負っている。

それは、健常者もパーキンソン病患者でも同様に意識する必要があります。

 

パーキンソン病だからといって自動車運転を制限することは、運転する権利を剥奪することに。

さらには、パーキンソン病患者の自立が損なわれてしまいます。

地元愛知県のような交通手段が乏しい地域では、生活上の不利益を生じてしまいます。

 

体調が悪い場合は、自分の責任で判断して運転をやめる。

もし、運転できないならば、免許も自主返納も出来ます。

パーキンソン病患者は、自分の判断は自分出来るものだから、自分の人生は自分で決めさせてあげたい。
 

親父とのパーキンソン病の闘病で、一番大切にしていた事は・・・

【どうしたら出来るようになるか? できる可能性が増える方法はないか?】

 

いろんな事を試しましたが、何より選択肢は多い状態が良いと思います。

パーキンソン病患者の命と生活の両面を守るような方向になりますように願います。

 

豊橋市には、パーキンソン病の闘病にしっかり寄り添う温泉いやし整体もあります。

近藤兄弟に気軽にラインで話してみる♪

 

友だち追加

 

大人女性が喜ぶ10個のこだわりの貸し切り空間は、

開業2年で2000人を笑顔にしてきました。

お姫様気分を味わいながら仕事・家事・育児に忙しいあなたを、

心身ともに最高のリフレッシュを提供します。

幸せのじゅもんの・・・

【ナステレージュホームページはこちら】

0532-35-9390

愛知県豊橋市大村町五貫森96

各種クレジットカード&電子マネー取り扱いOK

オンライン予約も24時間受け付けています。

 

コメント

お電話はこちら
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました